クレジットカード情報の非保持化に完全対応

EC事業者が行うべき対応

クレジットカード情報漏えいによる不正利用の被害は増加傾向にあります。

経済産業省などからなる「クレジット取引セキュリティ対策協議会」はカード情報の漏えいを防ぐため、
加盟店(EC事業者など)に対して、2018年3月までに必要な対応を行うよう要請しています。

必要な対応とは「クレジットカード情報の非保持化」または「PCIDSS準拠」です。

PCIDSS準拠には多大な費用と労力がかかりますが、非保持化ならば、ASJペイメントを利用すれば
かんたんに対応することができます。

カード情報の非保持化

「クレジットカード情報の非保持化」に対応するためには、加盟店のECサイトのサーバー上でカード情報を
『処理』・『通過』・『保存』しないことの3点を満たす必要があります。

非保持化

ASJペイメントはリンク型のクレジットカード決済で、弊社のサーバー内でカード情報を処理します。
ショッピングカートの種類やバージョンを問わず、カード情報の非保持化に対応しております。
管理画面にも表示しませんので、加盟店がクレジットカード情報に触れることはありません。

ASJペイメントは、サービス開始当初から事業者様にリスクの少ないシステムを提供しています。
安心してASJペイメントをご利用ください。

現在クレジットカード情報を紙やデータで保持している事業者様は、お気軽にご相談ください。
非保持化のお手伝いをいたします。